ページトップへ

質の高い暮らしを目指す | リノベーション マンション 大阪 スペースラボ

戸建てから住み替えたい 質の高い暮らしを目指す

リノベーションを成功させるための3つのカギ

リノベーションを成功させるための3つのカギ

1/売却価格の範囲に収める

ある程度の年齢になってから住み替える場合、新しくローンを組むのが難しく、将来のことを考えても新たな負担は避けたいものです。安心して豊かな生活を送れるようにするのが住み替えの目的ですから、資金計画で無理をするのは禁物です。

そこで、中古マンションを購入してリノベーションする際には、戸建てを売却した金額の範囲ですべての費用をまかなうよう計画しましょう。2500万円で自宅の戸建てを売ったのであれば、1000万円で中古マンションを購入し、リノベ−ションに1000万かける、これなら合計2000万円で収まり、500万円を余らせることができます。引っ越しなどの諸費用を加えても、足を出さずに住み替えを実行できるわけです。

ここで大切なのは、自宅がいくらで売れるのかを事前にしっかり査定してもらうことです。売却してからすべての計画を始めると、自宅の引き渡しから引っ越しまでに間が空き、仮住まいする必要が生じたりします。あらかじめ適切な査定をしてもらえば、余計なエネルギーとお金をかけずに済みます。

 

売却価格の範囲に収める

 


 

2/建物は立地を優先

中古マンションを買う際に、気をつけることは何でしょうか。

一般には建物の耐久性や耐震性に注意が必要で、その際には建物の築年数が1つの判断基準となります。ただし、ある程度年配の人が住み替えるなら、今後そのマンションで暮らす年月が40年、50年という長さになるわけではありません。例えばあと20年程度を過ごす前提なら、中古マンションであってもそれほど築年数を気にする必要はないでしょう。

逆に、優先したいのは立地の利便性です。マンションへの住み替えの大きな目的は、老後になっても安心できて不便なく暮らしていくこと。便利な場所に住めば外出も気軽にでき、日々の生活をより積極的に楽しんでいけます。そのためには、駅や商業施設、医療施設などに行きやすい立地の良さは外せない条件になります。

 

建物は立地を優先

 


 

3/住み心地を大切にする

せっかく中古マンションを購入してリノベーションするからには、気持ちよく過ごせるように改修しなければ意味がありません。部屋数を減らして玄関や水まわりを広くする、寝室に十分な収納を設け、リビングをゆったり過ごせる空間にするなど、間取りの改変は必須となるでしょう。

同時に配慮してほしいのが、快適性の向上です。特に古いマンションの場合、断熱性が低く結露が生じやすい状態になっている建物は珍しくありません。そこで、外に接した壁の内側に断熱材を取り付け、内窓をつけて窓を二重にするなどの断熱工事を行います。見えない部分まで配慮した工事によって、結露の発生を防ぎ、夏の冷房や冬の暖房の費用を抑えることができます。

また壁や床の仕上げには、マンション仕様の製品を使わずに、思い切ってムク材や珪藻土などを利用してみませんか。自然素材は調湿作用があるなど室内環境を快適に保ってくれるほか、肌触りの良さ、どこかくつろげる温かみなど、人工素材では得られない良さがあります。「白くて四角い箱」のマンション住戸とはひと味違う、戸建てのような安らぎ空間を実現できます。

 

自然素材でくつろげる住まいに

住み心地を大切にする

戸建てから住み替えたい